さあ、今こそ独立の時だ!経験豊富ならそれを活かした働き方を。

人材不足は起業のチャンス

,

IT業界の現状としては人材不足に陥っている傾向にあります。この問題はIT系の企業にとっては悩ましい問題でしょう。
この問題を解消するためには人材の育成を行うのが効果的です。そのため未経験者でも採用していく企業も存在しています。
しかし、人材の育成には長期的な時間を必要とするため、仕事の依頼は外部へと発注してしまう企業も少なくはありません。

経験豊富なエンジニアにとって、この企業の特性は起業を行うチャンスです。企業側の仕事の発注はフリーランスがターゲットになる可能性が高くなります。フリーランスであれば高い技術を持っている人やエンジニアとしての経験を豊富に持っている人も多く、即戦力として働いてもらえると考えられているからです。

フリーランスのエンジニアとして独立するためには、営業力や交渉術といったスキルを磨いておいた方がよいでしょう。
収入を安定させるためには積極的な営業を行って取引先を増やすという方法が高い効果を得られます。
交渉術は1つの仕事に支払われる単価をアップさせる方法として有効です。取引相手との交渉を上手く進めることができれば自分にとって有利な条件で契約を結ぶことができます。
有利な条件で契約を結べれば余裕を持った働き方ができるため、体調を崩しにくくなるというメリットもあります。体調を崩さないようにスケジュールを管理するという能力も高めておいて損はないでしょう。
自己管理能力が高まれば仕事の効率がアップしやすくなり、多くの仕事をこなしていけるようになります。多くの仕事をこなせれば企業に勤めていた頃よりも収入が上がる可能性は高いでしょう。