さあ、今こそ独立の時だ!経験豊富ならそれを活かした働き方を。

面白さは人それぞれ

,

企業に勤めていたエンジニアが独立して起業すると働き方がまるで変わります。オフィスに毎日通って次々に与えられる仕事をこなしていくのが一般的なIT業界の現場であり、安定した雇用を受けられるのが基本です。
しかし独立するとその状況から一転して自分で仕事を選んでスケジュールを立てながら働くようになり、それを続けていかないと収入がなくなるという形で働くことになります。
独立にはメリットもデメリットもあるのです。そのため、たとえば「独立したいエンジニアに向けて」のようなサイトを読むなどして、独立前にしっかりと情報収集する必要があるでしょう。

デメリットも承知の上で働いていくためには、独立する面白さを自分なりに見つけることが大切です。何が面白いと感じるかは人それぞれですが、自分なりの楽しみ方を見つけると晩年までフリーエンジニアとして働けるようになります。

代表的なのは自分の判断でやりたい仕事を選べることであり、短期的に別の仕事に切り替えられるのも面白いと感じている人が多い点です。常に新しい刺激を受け、別のスキルを学びながら仕事ができます。
一方、労働時間に見合った収入が入るのが面白いという人もいて、特にブラック企業で過重労働に苛まれてきた人が喜んでいる部分です。

この程度であれば企業によってはエンジニアに与えられる可能性がある待遇ですが、別の観点で独立して起業したからこそできることに面白さを見出している人もいます。
仕事を獲得して報酬を得る上ではクライアントとの駆け引きが重要です。より有利な条件で契約を結び、打ち合わせも自分に得があるように進め、納品のときにもクライアントを納得させられるように話をするころが大切になります。そのやり取りの中に楽しさを見出している人もいるのです。